箱根・小田原おいしい中華料理のことなら、小田原駅前「氷花餃子」にお任せください。

    氷花餃子(小田原店)
    氷花餃子(開成店)

0465-23-15060465-82-7303090-25186517

トップページ

お知らせ

2015年6月26日

アルバイト・料理人募集中です。

2014年12月1日

陳麻婆シリーズ新登場!

ミシュラン2015年横浜川崎湘南
特別版

「氷花餃子」掲載店になりました。
 

当店料理長・劉紅岩は中華料理鉄人・陳健一氏の教示の下,より一層 腕を磨いている。

「氷花餃子」ようこそ

   総括料理長ー劉紅岩

職歴:

中国特級料師         

中国遼寧省沈陽市料理学校講師 

中国宴会設計師 

日本大和リゾートロイヤルホテル  

中華料理部門勤務

 

料理長の挨拶 

 中国東北出身職歴25年。お客様に本場の中国料理をお楽しみ頂くために、これまでに積み重ねた技術と選りすぐりの素材で、味付けなどにもこだわっております。「庶民の値段で貴族の贅沢」「味に感動・値段に感激」をモットーに、皆様のご満足いただいた笑顔が私達にとって最高の幸せです。

取扱いメニュー

海鮮類(車海老マヨネーズ炒め)

餃子類(氷花餃子)

土鍋類(小田原魚港日替り魚土鍋煮込)

麺類(炒馬麺)

野菜類(クリンピースの芽とにんにく炒め)

陳麻婆豆腐シリーズ新登場

「氷花餃子」の特徴

(経営者:劉莉亜)当店は、氷花餃子をはじめ、中国地方の風味に富んだ一流の本場中国東北料理を提供しております。

味に感動!値段に感激!

庶民の値段で貴族の贅沢!

中国の東北料理

「中国東北料理」は遼寧、黒龍江、吉林の三省の料理を含み、全国各地の割烹料理の精華を取り入れ、割烹技術も長年磨き続けられ優れたレベールにまで達しています 。  

中国東北料理大会で受賞品「氷花餃子」

氷花餃子の歴史

  清乾隆年間、宮廷料理人が作り出す精巧、細作な絶品、その割烹密伝の技術を現代に再現させたもの。まるで芸術のようなこの作品は宮廷点心の至極となり、乾隆五十年、「漢全席」の逸品に配列された

ミシュランガイド横浜川崎湘南2015年特別版「氷花餃子」掲載店になりました。

ミシュランガイド「氷花餃子」搭載店

氷花のような薄い網状の膜に覆われた餃子自慢。

往時の満漢全席に含まていたという「氷花餃子」は、モチッとした皮を破ると餡の旨みが口いっぱいに広がる。ニンニクを使わないので、時を選ばず楽しめる。薬膳料理に由来する「チョマーメン」は、たっぶりの香辛料と野菜や魚介の風味がクセになる一品。小皿料理、主菜、麺類など豊富に揃う。数人で取り分けて色々なものを味わいたい。

小田原で「東京餃子通信使」上最も美しい羽根をつき餃子「氷花餃子」にで出会ったよ.......

詳しくはこちらをクリック

お客さまの声

氷花餃子小田原店に行きました

「IZUMINの紀行」小田原駅前中華料理「氷花餃子」本店に食べに行きました。

小田原小さい商店街の二階にある中華レストラン 広々とした客席 ガラス張りの厨房 中国のかたが、仕込み 鍋ふっていました、担々麺餃子 チャーハンなどいろいろ頼みました。 担々麺はかなり美味しいです チャーハン は脂っこくなくパラパラでしっかりした味付け たいへん美味しいです 近くにいいとこあったと、ウキウキです、 餃子もパリパリして美味しいです。どれを頼んでも外れなしです。値段もそこそこで大満足でした、また行きます、ご馳走さまでした

神奈川県 お客さんから

お客さまの声

氷花餃子責任者・劉莉亜

 中国東北出身です。医療の仕事をしながら優秀な中国東北料理人が集まるように頑張りました。

アクセス

0465-23-1506

住所「氷花餃子」小田原店

〒250-0011
神奈川県小田原市栄町2-8-10ハクエイビル2F

東海道線・小田急線・大雄山線小田原駅東口から徒歩3分

営業時間

営業日
 
午前
午後
営業時間

11:30~15:00
17:00~22:30

休業日

年中無休

連絡先

090-25186517

お気軽にご相談ください。